【速報】2021/10/15(金曜日)パッチノート 2.5キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!変更点を色付きで分かりやすく解説

Buff(強化)/ Nerf(弱体化)、変更まとめ, アップデート、仕様変更, チャンピオン 攻略情報, 攻略情報一般、戦略、マクロ、戦術関係

Wild Rift Patch Notes 2.5
https://wildrift.leagueoflegends.com/en-us/news/game-updates/wild-rift-patch-notes-2-5/

ワイルドリフト パッチノート 2.5
https://wildrift.leagueoflegends.com/ja-jp/news/game-updates/wild-rift-patch-notes-2-5/

Contents

概要

ムハハハハハ!小さき大魔王のヨードルであるベイガーが悪の巣窟を埋めつくすほどのアップデートをお届けします。さらにパッチ2.5では、ギルド、マッチメイキングのアップデート、ジャングルのリワーク、来月のHorizon Cupを見据えた大量のバランス調整が行われます。

ムハハハハハ!黒くて青くてあなたを震えあがらせるものとは?小さき大魔王、ベイガーが爆発的なメイジの実験とともにミッドレーンにやってきて、ワイルドリフトに悪の巣窟を埋めつくすほどの新機能をもたらします!

ギルドでは、チャットとゲーム内の共有空間であなたがコミュニティーとつながり、一緒にレベルアップすることができます。さらに、その絆の強さを活かして「ギルド vs ギルド」の熱い戦いに挑みましょう。ワイルドリフトで公平な対戦を実現するための、マッチメイキングの改善についてもご覧ください!

また、来月に開催されるHorizon Cupに向けてメタに変化を引き起こす大量のバランス調整を行い、ジャングルで新たな顔ぶれがギャンクに挑めるようにします。

最新の/dev di──じゃなくて、パッチプレビューでいち早く内容をチェックしてください。

注意:パッチ2.5は通常よりも少し遅いサイクルでリリースされます。2.5aバランスパッチは10月26日/27日にリリース予定です(タイムゾーンによって変わります)。

リマインダー:コンテンツは、このパッチ期間中を通して順次リリースされます。

新チャンピオン

小さき大魔王、ベイガー Veigar

誰も恐れて近づこうとしなかった力を受け入れたベイガーは、熱心なヨードルの魔法使いだ。自由な精神を持つバンドルシティの住人として、彼は定命の者たちが実践する天空の魔法について学ぶことを切望していたが、天性の好奇心が理由でイモータル・バスティオンに囚われてしまい、その人柄が変わってしまった。そして星々の闇の怒りを自在に操る頑固者の生物となったベイガーだが、周囲からは見くびられることが多く、彼自身は自分を真に邪悪な存在だと信じているが、その真の動機には疑問を感じている者たちもいる……

ベイガーは日本時間10月15日09時01分にリリースされます。

PC版ヴェイガーについて

OPGG ヴェイガー(※PC版ではサポートがメインロールになっているようです。)

新機能

ギルド

長く要望されていたソーシャル機能である、ギルドが登場します!ギルドは気の合うプレイヤーどうしがつながって情報をシェアしたり、チャットしたりできるゲーム内コミュニティーです。

ギルドの詳細はこちらをご覧ください!

ギルドの作成

ギルドはアカウントレベル9以降に利用可能になります
ギルドの作成には200ワイルドコアか400ポロコインが必要です。ギルドの作成と参加を長期的なものにしたいために、少額の費用を設けています
「ギルド検索」で共通の趣味やスキルレベル、使用言語などでギルドを検索

ギルドに参加すると

「ギルドチャット」ではギルドの全員とチャットができます!
「ギルドフィード」ではみんなの投稿にエモートで反応できます
プリメイドグループのロビーから、ギルド向けに招待を送れます
安全な環境を維持するために、ギルドのモデレーション機能の利用や、副管理者の任命が可能です

パーソナライゼーション

ギルドリーダーはギルドの名前、アイコン、タグ、ラベル、説明を設定可能です
ギルドに参加すると「ギルドプレート」を獲得し、ギルドの名前とアイコンが表示されます。これはプロフィールバナーやロビー、ランキングなど、複数の場所で表示されます

レベルアップと報酬

ギルドでプレイするとギルドポイントを獲得し、ギルド自体がレベルアップされていき、カスタマイズの選択肢や所属可能なメンバー数の上限が増えるなどのメリットがあります
ギルドメイトと一緒にプレイすると「ポロの祝福」という、ブルーモートとアカウントXPが少し増加するボーナスを受けられます(一緒にプレイするギルドメイトの数が多いほど、ボーナスが増加)

ギルド VS ギルド(GvG)

それだけではありません!ギルドメイト同士の絆を活かして、新たなシーズン制の対戦シリーズである「ギルド vs ギルド」(GvG)に挑みましょう!

GvGの基本

2つのギルドが1週間に渡って1対1で対戦
コミュニティーミッションを完了してギルドの物資を獲得。ミッションはソロで達成可能なものもあるが、ほとんどはギルドメイトと一緒にプレイする必要あり
GvGの週の終わりに物資の合計数が多かったギルドが勝利!

ウィークリーマッチアップ

対戦のある週は、全ギルドに2体のチャンピオンのいずれかが割り当てられます
ギルドはルーンテラのいずれかのチャンピオンの味方となって彼らのために戦うこととなり、独自のセリフが用意されています
GvGの最初のシーズンのテーマはピルトーヴァー&ゾウンです!
ギルドの最初の対戦は、ボットのギルドを相手にした練習の「バトルエクササイズ」となります

ミッション

その週を通してギルドメンバー全員が達成したミッションの結果が累積されます
ミッションには複数のマイルストーンが存在し、マイルストーンを達成するたびにギルドが物資を獲得できます
また、ミッションを完了するとギルドポイントを獲得してギルドをレベルアップできます

強化と未強化

その週の初めに、全ギルドメンバーが「強化」か「未強化」のいずれかの状態に割り当てられます!
週の終わりにギルド内で「強化」されたプレイヤーの数が多いほど、物資の合計数に乗算される「チャンピオンの恩恵」が増加します
ブーストの恩恵を受けられるのは「チャンピオンの恩恵」が高い方のギルドのみです
最終スコアを最大にするには、ギルド内の「強化」されたメンバーの数をできる限り増やしましょう
未強化のプレイヤーはミッションからトロフィーポイントを獲得できませんが、「強化」された際に過去に獲得できていたポイントをまとめて受け取れます!
未強化のプレイヤーは強化されたギルドメイトと一緒にプレイすると「強化」されます
強化されたプレイヤーは未強化のプレイヤーと一緒にプレイするとボーナス報酬を受け取れます

サボタージュ

GvGの週の終盤には、現在負けている方のギルドに相手をサボタージュするチャンスが与えられます
サボタージュは最後の抵抗として、相手の最終的な物資の数を減らすことができます
ギルドメイト5人でプリメイドグループを結成してプレイした場合にのみサボタージュを行うことが可能で、24時間以内に5人のプリメイドグループで試合に勝利する必要があります
勝っている方のチームは次の24時間にギルドメイトで5人のプリメイドグループを組んで勝利することでサボタージュを阻止できます

GvGに勝利

最終的な物資の数は、ギルドが完了したミッション(個々の貢献を含む)、チャンピオンの恩恵(強化されたメンバーの比率が高い方のギルド)、サボタージュの合計数(削減した相手の物資)によって決まります
合計物資数が多かった方のギルドが、その週のGvGの勝者となります!

報酬

参加したり、勝利したり、目標を完了することで、ギルド限定のユニークな報酬を受け取れます
トロフィーポイントを獲得して、GvGシーズンのレベルを上げられます
物資を獲得してギルド vs ギルドに勝利すると、ランキング上のギルドランクが上昇し、ギルドプレートがアップグレードされます

マッチメイキングの改善

マッチメイキングの主要な問題に対処するために、パッチ2.5の期間中を通して、いくつかのアップグレードが実施されます。

システムがランクよりもMMR(マッチメイキングレーティング:次の試合におけるプレイヤーの勝率を予想する内部の数値)を重視するようになる、新たなマッチメイキングアルゴリズム。この変更によって対戦の公平性が全体的に向上しますが、見た目のランクの格差が広がるようになります。これはパッチ2.5の期間中を通して、順次実装されます。
ランクの格差の問題に対処するために、読み込み画面にランク適正タグが追加されます。プレイヤーのMMRがランクよりも大幅に高かった場合には、読み込み画面でこれが表示されるので、見た目のランクにかかわらず、自分と同じくらいのスキルのプレイヤーとマッチメイキングされていることがわかります。

リアルタイムで対戦を作成する方法を調整するバックエンドのシステムを導入します。少し複雑なので覚悟してお読みください。
パッチ2.4以前は、マッチメイカーはMMRとランクが一定範囲内にいるプレイヤーのみをマッチングさせていました。この範囲は最初は小さいですが、2分間かけて毎秒大きくなっていきます。その後は、ランクとMMRの許容範囲が最大まで拡大し、その後18分間(合計20分間)は、この“拡大”した状態が継続します。20分間が経過するとタイムアウトとなり、最初からやり直しとなります。ヒント:そのため、マッチメイキングをやり直すたびに許容範囲が最大に拡大するまで2分間待たなければいけないことから、20分間待たずにマッチメイキングをやり直すよりも、20分間待つ方が常にマッチメイキングされる確率が高くなっていました。
パッチ2.5では、マッチメイカーはマッチメイキングプール内のプレイヤーのリアルタイムデータを使って、開始時の許容範囲の大きさを最初から変化させます。この新たなシステムによって、すべてのプレイヤーが20分間よりも遥かに短い妥当な時間内で対戦を見つけられるようになります。最大で3~5分間に近づけることを目標にしています。全体として、より公平な対戦がより短い時間で見つかるようになります。
特に高ランクの試合におけるランクの上昇率が以前よりも安定するようになります。この変更によって、プレイヤーがVPの獲得量を操作することでマスターからチャレンジャーに“ジャンプアップ”する問題も修正されます。

ワイルドパスの改善

ワイルドパスが改善されて新機能と新コンテンツが追加されます!

ワイルドパスのアップデートの詳細についてはこちらをご覧ください。

次に獲得する報酬がわかりやすくなるようにワイルドパスのUIをアップグレード
無料バージョンのワイルドパスでレベル50まで毎レベル報酬を獲得可能に。.
ベーシックまたはエリートパスを購入するとシーズンミッションにアクセス可能になり、パスを素早く進行させられるようになって、レベル50以降もさらなるコンテンツを獲得できます。これらのシーズンミッションは以前はエリートパスの所有者しかアクセスできませんでしたが、今後はエリートパスの所有者はワイルドパス ブーストを獲得して、各ミッションから獲得するXPが増加し、報酬を素早く獲得できるようになります。
新たなタイプの報酬であるプロフィールボーダーを追加。
プレミアムパスまたはエリートパスでレベル50に到達するとヘクスプローラー トリスターナを獲得。

TWITCH配信

簡単に直接Twitchで配信可能になる新機能を追加しました。「設定」 > 「その他」メニュー内のボタンを使って直接Twitchアプリに移動し、ゲーム内オーバーレイで配信を始めましょう!

希望するポジション

希望するポジションが非ランクの対人戦に追加されました!試合開始前に、あなたが希望するポジション(ソロレーン、ジャングル、ミッドレーン、デュオレーン、サポート)の順番を決めておきましょう。すると、マッチメイキングシステムによって、ほとんどの場合は上位に並べたポジションでプレイできるようになります。下位のポジションが割り当てられる可能性もありますが、自分が希望するポジションでプレイできる可能性が高まります。

非ランクの対人戦は今後もブラインドピックのままとなり、チャンピオンバンは導入されません。

新スキン

日本時間10月15日09時01分にリリース:

悪の大首領ベイガー
ヘクスプローラー トリスターナ

日本時間10月20日09時01分にリリース:

久遠龍ブランド
仙霊龍アッシュ
礁湖龍カイ=サ
豪嵐龍オレリオン・ソル
爽風龍マスター・イー*
* [ワイルドリフトに登場]

*日本サーバー開始時からマスター・イーの声を演じてくださった藤原啓治さんが2020年にご逝去されました。日本語版のマスター・イーを魅力的なキャラクターとしてくださったことに心より感謝し、ここにあらためてご冥福をお祈りいたします。

今パッチでリリースされるマスター・イー新スキンより、ゲームやアニメ、吹替で豊かなご経験をお持ちの赤城進さんが新キャストとしてボイスをご担当くださることをお知らせいたします。藤原さんのお声で収録した既存のボイスはそのままに、今回以降の新収録分より赤城さんにバトンタッチしていく形となります。

新アクセサリー

様々なアクセサリーを様々な方法で入手可能です。入手方法の詳細についてはゲーム内の該当ページをご覧ください!

バーブル:3位、最高とはいえない、そっちのおごりで、さようなら愛しいもの (ストロベリー)、さようなら愛しいもの (バニラ)、さようなら愛しいもの (ファッジ)、さようなら愛しいもの (ミント)、キラキラウロコのタマゴ、ドラゴンのレムナント

アイコン:仙霊の守護、礁湖の勇気、久遠の意志、爽風の落ち着き、豪嵐の不屈、龍の財宝の山、邪悪だが小さい、偉大さに惹かれて、ポロバクハツ!、のんびりごきげん、小躍り、ロックオン

エモート:ハイ!、比類なき悪の天才、気を付けて!、不正禁止、世界王者ポロ、ポロ、こっちに来て!、見ているぞ、炎のタウント、成功の秘訣、準備万端、虫はどこかに行け!、考えて… 考えて!、我がグランドフィナーレを見よ、新たな一日、新たな爆発

アイコンボーダー:龍の眼、ど真ん中

リコール:雲の上の道、ドカーン

プレイヤーエンブレム:勇敢なる兵士 (コバルト)、勇敢なる兵士 (プラム)、勇敢なる兵士 (マラカイト)、勇敢なる兵士 (ビリジアン)

リフトエンブレム:アッシュ根のある勝利、くすぶる灰、大丈夫だ (ネイビー)、大丈夫だ (インディゴ)、、大丈夫だ (スカーレット)

出撃タグ:仙霊、久遠、豪嵐、爽風、礁湖

プロフィールボーダー:トリスターナの陳列ケース

すべてのアクセサリーは、このパッチ期間中に順次リリースされます。

新イベント

ベイガーの襲来

恐怖に震えよ!「小さき大魔王、ベイガー」が登場!ミッションを完了してベイガーを無料で解除しましょう。

「ベイガーの襲来」イベントは日本時間10月15日9時01分に利用可能になります。

龍術師への路

龍が新たなチャンピオンを探しています。あなたはどの祝福を獲得するでしょうか?

「龍術師への路」イベントは日本時間10月20日9時01分に利用可能になります。

既存チャンピオンのバランス調整

アクシャン 強化

アクシャンの「ヒーロースイング」を90度以上の鈍角で使用した場合もスムーズに感じられるような技術を用意しました。また、アルティメットを使うべきかどうかの判断の参考になるQoLの変更も行いました。

ヒーロースイング
スイング中に90度以上の鈍角で使用すると壁に沿ってスライドするようになりました

当然の報い
キル可能な閾値内の敵を表示するインジケーターが追加されました

[バグ修正] ミニオンにとどめを刺すことをツールチップに正しく記載しました

アッシュ 強化

アッシュは補助スキルが全体的に上手く機能していないので、氷の射手の固有スキルのスロウを強化し、相手をカイトして味方の攻撃をお膳立てする能力を高めます。

フロストショット
スロウ効果:チャンピオンレベルに応じて15~25% → チャンピオンレベルに応じて20~30%
クリティカルのスロウ効果:チャンピオンレベルに応じて30~50% → チャンピオンレベルに応じて40~60%

ダイアナ 強化

ダイアナはあと少しでジャングルで活躍できそうなので、彼女がもう少し勝てるように少しだけ強化を行います。

繊月の刃
[NEW] モンスターに110%のダメージを与えるように

ジン 強化

ジンはほとんどの部分において許容範囲内のパワーレベルに収まっていますが、補助性能だけは私たちの想定よりも少し低くなっています。

「死者への狂奏曲」
スネア効果時間:1/1.25/1.5/1.75秒 → 1.25/1.5/1.75/2秒

ケネン 強化

ケネンはメタゲームにおいて健全なバランスに近づいていると思いますが、高スキルレベル帯では影響力のある活躍ができていません。基本攻撃力と「疾風迅雷」で得られる移動速度を増加させて、彼のレーン戦を強化します。

基本ステータス
基本攻撃力:52 → 58

疾風迅雷
増加移動速度:100% → 110%

ラックス 強化

ラックスはミッドで健全な状態になるまであと少しです。彼女のアルティメットの反映率を増加させて、魔力重視ビルドのメリットを高めます。

ファイナルスパーク
魔力反映率:0.75 → 0.85

パンテオン 強化

パンテオンは高スキルレベル帯のバロンレーンで居場所を見つけられずに苦戦しているので、「(Ult) 偉大なる星路」のクールダウンを短縮して、ハイレベルなプレイヤーがインパクトのあるプレイを披露しやすくします。

偉大なる星路
クールダウン:120/105/90秒 → 110/95/80秒

セラフィーン 強化

セラフィーンにPC版と同じQoLの機能を追加します。エコーが最大スタックの状態で試合が開始するようになり、レベル1での選択肢が増えます。

ステージプレゼンス
[NEW] エコーのスタックが最大の状態で試合が開始するようになりました

シヴァーナ 強化

シヴァーナは組織的なプレイと高スキルレベルのランク帯で少し苦戦しているので、高いファーム力を持つドラゴンキラーとしての彼女の戦術的なパワーを強化します。

龍血の憤怒
エレメンタルドラゴンとエルダードラゴンに対する追加ダメージ:20% → 25%

バーンアウト
基本魔法ダメージ:毎秒25/40/55/70 → 毎秒30/45/60/75

ソラカ 強化

ソラカは前回の変更後に高スキルレベル帯で少し活躍できなくなっています。そこで唯一の強力な行動妨害を上手く命中させられた際のメリットを高めます。

星の静寂
スネア効果時間:1/1.25/1.5/1.75秒 → 1.25/1.5/1.75/2秒

トリスターナ 強化

トリスターナは本来なら得意とすべき相手のチーム構成に対して、あらゆるスキルレベル帯で活躍できずにいるので、彼女の攻撃スキルのクールダウンを短縮して、スキルを上手く使用できなかった際のペナルティを少し緩和します。

ラピッドファイア
クールダウン:19/18/17/16秒 → 18/17/16/15秒

ヨードルグレネード
クールダウン:16/15/14/13秒 → 15/14/13/12秒

アーリ 弱体化

アーリはあらゆるスキルレベル帯で強すぎる状態なので、全体的に弱体化します。

基本ステータス
基本体力:570 → 530
レベルアップごとのマナ:57 → 49

幻惑のオーブ
基本ダメージ(魔法ダメージと確定ダメージ両方):40/75/110/145 → 35/70/105/140

オレリオン・ソル 弱体化

ここしばらく、オレリオン・ソルは密かに安全で強力なミッドレーンのピックになっています。もっと健全なカウンタープレイが行われる余裕を生み出すために、彼の基本物理防御と「星域拡大」で得る機動性を低下させます。

基本ステータス
基本物理防御:35 → 30

星域拡大
増加移動速度:40% → 30%

カミール 弱体化

カミールは高スキルレベル帯で、複数のポジションで圧倒的な存在となっており、ポジション選択の自由度が高すぎると感じます。そこで彼女が素早くジャングルをクリアする能力を低下させて、「フックショット」の2回目の攻撃がジャングルモンスターに命中しないようにします。これでカミールが「フックショット」で攻撃速度バフを発動することもできなくなるので、勝利のためのギャンクへの依存度が高まりジャングルでプレイするリスクが高まります。

フックショット
敵チャンピオンか大型モンスターに命中すると停止して攻撃速度が増加する → 敵チャンピオンに命中すると停止して攻撃速度が増加する(大型モンスターについては削除

フィズ 事実上の弱体化

フィズのアルティメットの魚の見た目が衝突判定と一致していないというフィードバックが寄せられており、これには私たちも同意です!ビジュアルに近くなるように修正して回避しやすくします。

フィッシング
衝突判定をビジュアルに近づけるように修正(当たり判定が狭くなる)

ガリオ 弱体化

ガリオのタンクサポートスキルは全スキルレベル帯で活躍できすぎており、そのため過剰にフレックスピックとして利用されています。「(2) デュランドの守り」を少し弱体化させて、このスキルのレベルを早めに上げるプレイスタイルの効率を少し低下させます。

デュランドの守り
基本ダメージ:40/80/120/160 → 40/70/100/130

グラガス 弱体化

グラガスはプロの試合で複数のポジションのフレックスピックとして圧倒的な存在になっています。ハイレベルなプレイヤーがグラガスの強力なノックバックを使って味方チームにお膳立てをするのは見ていて楽しいですが、「(Ult) ワシの奢りじゃ!」は現状では序盤のダメージが大きすぎな上に使用頻度が少し高すぎます。

ワシの奢りじゃ!
クールダウン:80/70/60秒 → 90/75/60秒
基本ダメージ:200/300/400 → 150/275/400

リー・シン 弱体化

リー・シンはジャングルで人気の強力なピックであり、特に高スキルレベル帯で圧倒的な存在となっています。彼の瞬間火力を低下させるために、「鉄の意志」にちょっとしたリワークを行い、2回の通常攻撃に効果を持たせる一方で各攻撃のダメージは低下させます。

守りの型
鉄の意志
次の通常攻撃が強化されて50/75/100/125 + 魔力の80%の魔法ダメージを追加で与え、物理ヴァンプと魔法ヴァンプが35/50/65/80%増加する
→ 次の2回の通常攻撃26/39/52/65 + 魔力の40%の魔法ダメージを追加で与え、物理ヴァンプと魔法ヴァンプが16/24/32/40%増加する

ヌヌ&ウィルンプ 弱体化

ヌヌ&ウィルンプはリリースされて以来、そのパワーレベルがスノーボール状態となっています。プレイヤーが少年とイエティの使い方をマスターしてきたことであらゆるスキルレベル帯で脅威となってきているので、生存力とクリア速度を低下させます。

基本ステータス
レベルアップごとの物理防御:3.9 → 3.5

丸かじり
モンスターとミニオンへの確定ダメージ:350/560/770/980 → 350/500/650/800
基本回復量:60/100/140/180 → 60/95/130/165
回復量の増加体力反映率:9% → 8%

リヴェン 弱体化

リヴェンは複数の役割で活躍できすぎている状態なので、この機会に彼女を相手にした際の2つの大きなフラストレーションの原因となっている、序盤の火力と防御スキルの稼働時間を低下させます。

折れた翼
基本ダメージ:20/45/70/95 → 15/40/65/90

勇躍
クールダウン:9/8/7/6秒 → 10/9/8/7秒

ウーコン 弱体化

ウーコンはジャングルのクリアが速すぎるので、大型モンスターに対するダメージを増加させるスキルを削除します。注意:ツールチップには、この固有スキルはどのユニットからでもスタックを獲得すると書かれていましたが、これは間違いであり、チャンピオンと大型モンスターからしかスタックを獲得しません。

強棒打
敵チャンピオンまたは大型モンスターからスタック → 敵チャンピオンまたはエピックモンスターからスタック(大型モンスターを削除

ジグス 弱体化

ジグスは試合の中盤が強すぎで、相手をハラスし、マップ内を周回してタワーを自由に破壊することができています。彼の固有スキルの基本ダメージの増加率を元に戻し、中盤は弱くしますが、開始時は同じ値にして、チャンピオンレベル15でも同じ値に戻るようにします。

ショートヒューズ
基本ダメージ:
20/30/40/50/60/70/80/90/100/110/120/130/140/150/160
→ 20/25/30/35/43/51/59/67/ 79/ 91 /103/115/130/145/160

アニー 調整

アニーのアルティメットは気前が良すぎで、遠距離から対象をスタンさせることが可能であり、現状では1回の使用で同時に複数の敵を簡単に捕らえられるようになっています。ティバーズの最初の使用時の効果範囲とダメージを低下させますが、その代わりクマ自体を強化するために「(3) モルテンシールド」のパワーを低下させて、彼(熊)の脅威を拡大します。

モルテンシールド
クールダウン:12/12/12/12秒 → 14/13/12/11秒
シールド量:60/110/160/210 + 魔力の60% → 50/110/170/230 + 魔力の40%

やっちゃえ!ティバーズ!
効果半径:275 → 225
基本ダメージ:150/275/400 → 140/250/360
ティバーズの炎のオーラの効果半径:200 → 300
ティバーズの炎のオーラのダメージ:毎秒20/30/40+魔力の10% → 毎秒24/40/56 + 魔力の12%
発生頻度:毎秒1回 → 毎秒4回
ティバーズの激怒時の増加攻撃速度:3秒かけて元に戻る → 増加攻撃速度を維持

ジャーヴァンⅣ 調整

ジャーヴァンの「フラッグ&ドラッグ」コンボはぎこちなく感じるので、滑らかにします

デマーシアの旗印
[NEW] 「(1) ドラゴンストライク」で「(3) デマーシアの旗印」にダッシュした際の始動時間をスピードアップしました

トリンダメア リワーク

あらゆるスキルレベル帯でそうですが、特に高スキルレベル帯において、トリンダメアはレーナーとしては苦戦していますが、ジャングラーとしては大いに活躍できています。このパッチでは彼のポジション間の格差を縮めるために大幅な変更を行い、ジャングルよりもレーンで優位を得られる新たなメカニクスを追加します。そのため、ジャングルトリンダメアが強化され過ぎないように、ステータスとスキルのバランスの再調整を行う必要がありました。これは大規模な変更なので、彼の勝率の変化を注視しておきます。ウオオオオッ!

基本ステータス
基本攻撃力:64 → 52
レベルアップごとの攻撃力:4.55 → 5.5
初期増加攻撃速度:20% → 10%

戦場の咆哮(パッシブ)
フューリーで得るクリティカル率:
1.6%~3%(チャンピオンレベルに応じて)、100フューリーで2倍
フューリー1ポイントごとに3.2%~5%(レベルに応じて、上限はレベル10)
通常攻撃でユニットをキルして得られるフューリー:10 → 15
[NEW] チャンピオンに通常攻撃を行うと5秒間攻撃速度が50/55/65/75%増加アルティメットのスキルレベルに応じて)(攻撃速度増加効果の終了後に6秒間のクールダウン

血の欲望
フューリー1ポイントごとの体力回復量:0.5/1.1/1.7/2.3 → 0.7/1.3/1.9/2.5

嘲りの叫び
スロウ効果:30/40/50/60% → 20/30/40/50%

不死の憤激
[NEW] 自動効果:スキルレベルに応じて「戦場の咆哮」の増加攻撃速度が55/65/75%増加

ランダムミッドのバランス調整

スクライヤーブルーム

ハウリングアビスにスクライヤーブルームが登場し、レーンの茂みにいる敵やユニットを偵察できるようになります!

砲台ミニオン

この変更を受けて、砲台ミニオンはインビジブル状態のユニットやトラップの真の視界を付与しなくなります。ワイルドリフトでは、砲台ミニオンの視界は全体的に最適なものではなかったので、新たな視界システムではレーンに沿って砲台ミニオンを進めさせるのではなく、スクライヤーブルームを使ってトラップを偵察できます。

ゲームプレイの変更

味方へのバフ

使用ミスを避けるために、味方をバフするスキルは分身を対象にしないようにします。これには以下が含まれます。

アニー:(3) モルテンシールド
ソラカ:(2) 星霊の癒し
ジャンナ:(3) ストームブレス
ルル:(3) ピックス、おねがい!

優雅なチャリティー

昨年の獲得ゴールドへの変更による影響を調査した結果、サポートの役割からあまりにも多くのゴールドが奪われていることがわかりました。パッチ2.4の「優雅なチャリティー」の自動効果のゴールドメカニクスを強化して、バフをサポートのポジションだけのものにします。

追加自動獲得ゴールドの開始時間:5:00 → 4:00
毎秒追加ゴールド:1ゴールド → 2G

サモナースペル:フラッシュ

アルティメット以外の“スキルショット”ダッシュスキル(対象にホーミングしないダッシュ)に対するフラッシュの動作の一貫性を高めます。パッチ2.5では、フラッシュが多くのダッシュスキルをキャンセルするようになりますが、スキルの効果はフラッシュ終了後の地点で発動します(例:リヴェンの「折れた翼」の3回目の発動中にフラッシュすると、フラッシュ終了後の地点でノックアップが発動)。
一部のダッシュスキルアニメーション中にフラッシュを使用することが禁止されています。これらには変更がありません。この変更はリヴェンやレネクトン、フィオラなどを利用するスキルレベルの高いプレイヤーの選択肢を増加させるでしょう。

“スキルショット”ダッシュ使用中にフラッシュするとスキルとその効果を完全にキャンセル
→ “スキルショット”ダッシュ使用中にフラッシュすると、フラッシュ終了後の地点でダッシュのダメージと効果を適用

ティア3アイテム 重複購入不可

ティア3の同じアイテムは重複して購入できないようにします。誤解の無いように言うと、アイテムの自動効果はスタックしないのでほとんどのプレイヤーはそのような買い方は行っていませんが、新規プレイヤーは間違って購入する可能性があります。また、アイテムを重複して購入することが最適なビルドになる場合は全体的なバランスに問題があると考えられるので、ビルドごとの個性を維持するためにも制限を追加します。

ティア3の同じアイテムを重複して購入可能 → 購入不可能に

エネルギー充填アイテム

エネルギー充填アイテムをアップデートして、エネルギー充填ダメージがスタックするようにして、このアイテムに投資する価値を高めます。

キルヒアイス シャード、ラピッド ファイアキャノン、ストームレイザー
エネルギー充填攻撃の追加魔法ダメージ他のエネルギー充填攻撃アイテムの自動効果とスタックするようになりました

スタティック シヴ
エネルギー充填攻撃の追加魔法ダメージ他のエネルギー充填攻撃アイテムの自動効果とスタックするようになりました
誤解の無いように言いますが、エネルギー充填攻撃の追加魔法ダメージの「スタティック シヴ」固有の部分にはクリティカル判定があります

プロトベルト エンチャント

一般的に、プレイヤーがダッシュスキル中に「プロトベルト」の発動効果使用する目的はエンゲージやディスエンゲージの距離を伸ばすためです。以前のパッチで「プロトベルト」の発動効果が現在のダッシュを中断するようになっていたので、ダッシュアニメーションが終了するまでは先行入力となるように調整を行います。この変更により、「プロトベルト」の発動効果を他のスキルと組み合わせてコンボにすることが容易になり、ドット単位の繊細なタイミングでボタンを押す必要がなくなります。

ダッシュ中に「プロトベルト エンチャント」を使用すると、効果が先行入力されてダッシュ終了後に発動するようになりました

ジャングル:総合的に見て若干の弱体化

昨年、ジャングルのポジションを観察したうえで、ジャングルのペースを少し落とし、ゴールドファンネリングなどの不健全な戦略が発生する確率を低下させる変更を行うことを決めました。全体としては、ジャングルが現在ワイルドリフトで最も影響力の高いポジションであることから、総合的に見て若干の弱体化になると考えています。

スマイトの調整

徐々にゴールドファンネリングが広まってきており、これは全体としては健全な戦略だとは言えません。そこでスマイトのパワーをジャングルでは少し高めて、レーンでは少し弱めます。

[NEW] スマイトを装備するとモンスターから20%の追加ゴールドを獲得
ミニオンからのゴールド/XPペナルティ:-20% → -25%

ジャングルモンスター

スマイトへの変更に加えて、ジャングラーのパワーレベルが他のポジションのパワーレベルとほぼ同じになるように、ジャングルモンスターのゴールドを調整します。モンスター自体の復活も早すぎで、ジャングラーがファームを重視するかギャンクするかで難しい選択を迫られる状況が増えすぎていることから、復活頻度にも調整を行います。

出現までの時間
小型/大型モンスターの復活時間:90秒 → 105秒

獲得ゴールド量
グレート・マークウルフ:100ゴールド → 90ゴールド
古のクルーグ:80ゴールド → 60ゴールド
大型ラプター:70ゴールド → 60ゴールド
小型ラプター:30ゴールド → 25ゴールド
グロンプ:140ゴールド → 130ゴールド
リフトヘラルド:300ゴールド → 250ゴールド
リフトスカトル:120ゴールド → 100ゴールド
レッドブランブルバック:140ゴールド → 130ゴールド
進化したレッドブランブルバック:220ゴールド → 180ゴールド
ブルーセンチネル:140ゴールド → 130ゴールド
進化したブルーセンチネル:220ゴールド → 180ゴールド

バロンナッシャー

バロンのバフは完全に試合を決定づけることから強すぎると感じられます。同時に、出現するタイミングが早くリスクが高いことから、チームから避けられることが多くなっています。そこでこの機会に、出現時間を平均的なゲームの流れに近づけて後ろに下げ、逆転のポテンシャルを低下させます。

最初の出現までの時間:10分 → 13分
バロンで強化されたミニオンの追加ダメージ:40% → 20%

リフトヘラルド

バロンの最初の出現までの時間が延長されたことから、リフトヘラルドの戦略的価値を高めるために、彼女(!?)のお友達からの意見を参考にして、早期に倒すことができれば復活するようにしました。

[NEW] リフトヘラルドが4分後に1回だけ復活するようになりました
リフトヘラルドのデフォルトの消滅時間:9:00 → 12:00
リフトヘラルドの建造物に対する突撃ダメージ:攻撃力の200% + 体力の20% → 1500 + 召喚したチャンピオンのレベル × 50
リフトヘラルドの突撃時の自身へのダメージ:攻撃力の100% + 体力の10% → 現在体力の70%

コミュニケーションとソーシャル

ピン、チャット、エモートの連続使用時のクールダウンが共有になりました
エモートホイールの発動エリアが広がりました
復活効果と「ゾーニャの砂時計」のエンチャントに味方にのみ表示されるカウントダウンバーを追加
ゲーム内テキストチャットの幅を少し拡大
フレンドをワイルドリフトに招待して、ゲーム内でフレンドとして追加する固有のURLをシェアする機能を追加

操作方法の調整

近接攻撃チャンピオン向けに、通常攻撃ボタンをタップした際に近接攻撃の射程外の敵チャンピオンを選択する感度を高めました。この変更により、近接攻撃チャンピオンはレーン戦でファームする際にはミニオンボタンを利用する必要性が高まります。この変更に対する皆さんからのフィードバックに耳を傾け、適応が難しいというプレイヤーが多かった場合には設定を提供しますが、近接攻撃チャンピオンが敵を追いかけているときにランダムに通りがかりのミニオンを攻撃してしまうことが少なくなるので、この調整でより多くの問題が解決すると考えています。

「移動方向にダッシュ」が有効になっている場合は、スティックを動かさずにタップでダッシュスキルを使用した場合、チャンピオンが向いている方向ではなく、対象の方向に向かってダッシュするようになりました。

通常攻撃ボタンを連打しているときに間違ってドラッグしてしまうことが少なくなるように全般的な調整を行いました。

射程の長いスキルでドラッグエイムしやすいようにスキルボタンの最大サイズを増加し、ドラッグ感度の調整幅を拡大しました。

AndroidとiOSのストアや様々な部分でタッチフィードバックを追加。

ストア

ストアに新コンテンツがあると黄色い点が表示されるようになりました
パッチ2.5以降に初めてワイルドコア(数量は問わず)を購入した際に、1回のみ、5つのスキンから1つを選択して受け取れるようになりました

その他

ソーシャルシェア画面のビジュアルをアップグレード
解き放たれしスレッシュ:闇夜の宿のビジュアルに近くなるように、スレッシュのモデルとスプラッシュをアップデート
新バージョンへのアップデート後にダウンロードサイズを縮小してAndroidのパッチを最適化
新規プレイヤー関連の固有ミッションを追加して、新規プレイヤー向けのフローをアップデート
新規プレイヤーが最初の数試合でワイルドリフトについて早期にさらに詳しく学べるように、2つ目のチュートリアルを調整し、対象のロックとジャングリングの情報を追加

フリーチャンピオンローテーション

10月14日~10月20日:アーリ、ドレイヴン、ジャーヴァンⅣ、レネクトン、レンガー、リヴェン、セナ、ソナ、ザヤ、ヤスオ

10月21日~10月27日:カミール、カ=ジックス、リー・シン、ルシアン、ナミ、オリアナ、シンジド、スレッシュ、ヴェイン、ジグス