【緊急速報】2021/3/28(日曜日)パッチノート 2.2キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!変更点を色付きで分かりやすく解説

Buff(強化)/ Nerf(弱体化)、変更まとめ, アップデート、仕様変更, チャンピオン 攻略情報, 攻略情報一般、戦略、マクロ、戦術関係

Contents

概要

大規模パッチでワイルドリフトに大量のチャンピオン、変更、選択肢が導入されます!どのレーンにでもギャンクしたい?ガリオならすぐに駆けつけてくれます。自分のレーンを選択したい?「希望するポジション」を設定して対戦待ちしましょう。レーンは…ひとつだけでいい?オールランダム・オールミッドがテスト中です。シートベルトを締めて、水分を補給してください。パッチ2.2へようこそ!

リマインダー:コンテンツは、このパッチ期間中を通してリリースされます。見逃していた方は、これから数ヵ月の間にワイルドリフトにリリースされる新コンテンツを、こちらのプレビューで確認しておきましょう!

新たなロケーション

南北アメリカのプレイヤーの皆さま、オープンベータへようこそ!

さらに、香港とマカオのプレイヤーの皆さまも歓迎いたします!

新チャンピオン

伝説の巨像、ガリオ

参考までに、PC版ガリオについて

輝ける都市デマーシアの外側で、石の巨像ガリオはずっと見張りを続けている。敵の魔法使いに対する防御機構として建造された彼は、強力な魔法によって生命が満たされるまで何十年も微動だにせず、ただ立ち続ける。そして、ひとたび活動を始めると、ガリオは動ける時間のほとんどを戦いのスリルと同胞たる国民を守るという稀有な名誉を味わうことに費やすのだ。だが彼の勝利はいつも皮肉なもので、彼が打ち倒すべき魔法こそ彼が動くための原動力であるために、勝利するたびに再び動かぬ彫像となってしまうのだ。

ガリオは日本時間4月1日09時01分にリリースされます。

新機能

[テスト中]希望するポジション

大胆なデュオに技巧派のソロレーナー、そして平凡なミッドレーナーの皆さん!

パッチ2.2で「希望するポジション」という新機能のテストが行われます!これによって、PC版LoLのポジション選択と同様に、試合中にプレイするポジションをある程度コントロール可能になります。

注意:このテストは南北アメリカ地域では実施されません。

試合開始前に、あなたが希望するポジション(ソロレーン、ジャングル、ミッドレーン、デュオレーン、サポート)の順番を決めておくと、マッチメイキングシステムによって、ほとんどの場合は上位に並べたポジションでプレイできるようになります。下位のポジションでプレイすることになる可能性もありますが、ある程度は自分が希望するポジションで優先的にプレイできるようになります。ポジションを指定したくない場合も問題ありません。その場合は、最近のプレイ履歴が参照されます。また、選択はセッションごとに保存されます!

チャンピオン選択が始まったら、全プレイヤーがポジションを割り当てられ、—これはチャンピオン選択時に表示されます—あなたが割り当てられたポジションで多くプレイされているチャンピオンが表示されます。また、ポジションに応じてチャンピオンを絞り込み表示することも可能になりました。さらに試合開始時には、選択したレーンまで案内するインジケーターが表示されるようになります。

「希望するポジション」のキューは、まずは一時的に2週間利用可能になります。これはランク戦タブから利用可能になりますが、いくつか注意点があります。

このキューはランクに影響を与えませんし、ほとんどのイベントも達成することができません。
ポジションラボと呼ばれるイベントが実施され、テストに協力すると、毎日ブルーモートを受け取れます!
キューのパフォーマンスと皆さんからのフィードバックを検証したうえで、テスト終了時にランク戦に導入可能かどうかを判断します。まだ準備ができていないと判断した場合は、再び調整を行います。

[テスト中] オールランダム・オールミッド(ランダムミッド)

PC版LoLで人気のゲームモード「オールランダム・オールミッド」のワイルドリフトでの最初のテストがこのパッチで行われます!ランダムミッドは期間限定で利用可能になります。対戦待ちして、素早くレベルアップできるハイペースな12分間の集団戦を楽しみましょう。

ランダムミッドが行われるハウリングアビスは奈落の裂け目に架かる橋が舞台で、ここはかつて戦士たちが古代の敵からフレヨルドを守るために戦った場所です。ランダムミッドではレーンが1つしかなく、、あなたが利用可能なチャンピオンのプール内からランダムなチャンピオンが選択されます。選ばれたチャンピオンが気に入らないときは、一定回数だけ再抽選することが可能です。再抽選したチャンピオンは「ベンチ」に入り、チームメイトがピック可能になります。

さらに、ランダムミッドでは新たに2つのモード限定スペルが使用可能になります。

マーク/ダッシュ:このスペルには2つの機能があります。マークは一直線に雪玉を投げ最初に当たった敵にダメージを与えてマークします。再発動するとその敵までダッシュして、即座にパーティーを始められます。リー・シンの(1)の雪玉バージョンのようなものです。

クラリティ:PC版LoLのクラリティがラインナップに追加されます。クラリティを使用すると自分と周囲の味方のマナが一気に回復します。

4月5日より、このゲームモードを3日間テストして、すべてが問題なく機能するか確認を行います。問題がなければ、ランダムミッドはそれから1ヵ月間、4月15日から5月19日までプレイ可能になります。

まだ開発の初期段階なので、一部の機能は未完のままとなっています。ルーン、アイテム、ロードアウトなども、ワイルドリフトでは調整が完了していません。

私たちのモード全般へのアプローチやランダムミッドの詳細については、こちらの紹介記事をご覧ください。

ランク シーズン2

ワイルドリフトの最初のランクシーズンがまもなく終了します。ただし、ご心配なく。競技精神の炎は再び燃え上がります!シーズン2は4月3日03時00分から始まります!

南北アメリカ地域では3月29日にパッチ2.2がリリースされると、すぐにランクへの挑戦を始められます!

ゴールドに到達して10勝以上を記録すると「勝利の栄誉ジンクス」を受け取れます。さらに、チャンピオンのジンクスも未所有の場合は付いてきます。

「勝利の栄誉ジンクス」はシーズン2にゴールド以上に到達したプレイヤーに授与されます。世界を滅亡させるような一千回の爆発を無傷で切り抜けてきたジンクスが、すべてを終わらせる特大の爆発に狙いを定めました。

このパッチ期間中に、あなたがシーズン1で到達した最高ランクを示すエンブレムを受け取れ、シーズン1期間中にランク戦をプレイしていたなら、アイコンも受け取れます。

ワイルドパス

パッチ2.2では、プレイするだけでさらなるコンテンツを獲得可能なワイルドパスが登場します。ワイルドパスをアップグレードすると新たな報酬を入手可能になり、パスの最後(レベル50)に到達すると、限定スキンの「ヘクスプローラー・ジャックス」を入手できます!レベル50を超えてもボーナス報酬を獲得し続けることが可能です。

ジャックスはヘクスプロレーションの達人であり、“様々な古代都市”から多くの“遺物”を持ち帰ることができるように、軽装で旅をしている。しかし、誰もそのような文明の話を過去に聞いたことがなく、彼が持ち帰ってくる機械は不思議なほど高度なものに見える…

ワイルドパスはシーズン2のランク開始時に590ワイルドコアで販売されます。

ワイルドパス エリートは進行状況をターボチャージして、追加のミッションもプレイ可能になり、価格は追加で400ワイルドコアとなります。

レベルは各150ワイルドコアで購入可能です。

ワイルドパスの詳細は後日発表いたします。

[テスト中] 120HZへの対応

一部のハイエンドデバイスで120Hz対応のテストを行います。デバイスがオーバーヒートしてパフォーマンスの問題が発生するかもしれませんので、注意して利用してください!

下記の操作方法と設定セクションでさらに詳しく説明しています。

新たな言語

ブラジルポルトガル語、ラテンアメリカスペイン語、アラビア語に正式対応しました。

アラビア語では一部のテキストが間違って表示されている既知の不具合が存在しますが、今後のパッチで修正される予定です。

新装備

「翼のムーンプレート」、「自然の力」、「フローズン ハート」など、新たなゲーム内アイテムがいくつか追加されます。詳細は以下のアイテムセクションをご覧ください。最近の/devの投稿では、「なぜ」と「どうやって」の詳細をご紹介しています

新スキン

コーギーコーキ
おしゃれなガリオ
ドレイヴン・ドレイヴン
フィヌ
地獄の業火ガリオ
楽しいパーティ アムム
勝利の栄誉ジンクス
ヘクスプローラー ジャックス
アカデミー アーリ
iBlitzcrank
略奪者オラフ

すべてのスキンは、このパッチ期間中にリリースされます。パッチ2.2のその他のスキンは、それ以降のパッチでリリースされます。

新アイテム

様々なアイテムを様々な方法で入手可能です。入手方法の詳細についてはゲーム内のページをご覧ください!

アイコン:チャーミング ポロ、反逆のポロ、トリックスター ポロ、ヘクステック ジャクシマス、解き放たれたジャックス

エモート:強まる拍手、激しい怒り、ただ最高、ヤバイ、忘れられた誕生日、スーパーシーサ、チョンクの笑い声、退却!

アイコンボーダー:ヘクスプローラーの道

リコール:リコールポータル

バーブル:しまった、愛用のシャベル、聡明なアイデア

リフトエンブレム:ヘクスプローラーの歴史、ハイテク ヘクスプローラー、偉大なるデマーシア、ノクサスの力

すべてのアイテムは、このパッチ期間中にリリースされます。

新イベント

ワイルドリフトの旅

「ワイルドリフトの旅」は新規プレイヤー向けのイベントである「ワイルドリフト アカデミー」を完了すると始まります。この旅を完了して、今後の試合で役に立つコンテンツを獲得しましょう!

ポジションラボ

「希望するポジション」キューのテストに協力して、毎日ボーナスのブルーモートを受け取りましょう。

チャンピオンのバランス調整

ダリウス 強化

「砦を攻略するのに天才軍師の力が必要な時もあれば、単純に力が必要なだけの時もある」

(Ult) ノクサスギロチン

詠唱中はアンストッパブルになりました。

※管理人の補足:「アンストッパブル」について詳しくまとめた記事

コーキ 仕様変更

コーキのキットを整理し、通常攻撃時に物理ヴァンプ(吸収)が魔法ヴァンプ(吸収)に自動的に変換されていた直感的でないメカニクスを削除します。

(固有スキル) ヘクステック榴散弾

コーキの通常攻撃が物理ヴァンプを魔法ヴァンプに変化させなくなり、通常どおりに機能するようになります。

※管理人の補足:AAのダメージの一定割合が魔法ダメージに変換されるパッシブはそのままです。ブラッドサースターなどの物理吸収がいちいち魔法吸収に変換されていた仕様を変更しただけの話。

WR Wiki コーキ

パンテオン 弱体化強化

戦の神髄をPC版LoLの彼に近づけます。

(1) 彗星の槍

「定命の意志」(強化) (1)スロウ効果を与えなくなりました

(2) 跳撃の盾

[不具合修正] 通常攻撃を正しくリセットするようになり、強化された通常攻撃が中断されなくなりました

(3) イージスの猛攻

タワーからのダメージを防ぐことはなくなりました
「定命の意志」(強化) (3)で効果時間が延長されなくなりました
「定命の意志」(強化) (3)で盾を叩きつけた際に1.5秒間移動速度が60%増加するようになりました

(Ult) 偉大なる星路

先に着地する槍2秒間50%のスロウ効果を与えて、狭い範囲に「彗星の槍」のダメージを与えるようになりました

アリスター 弱体化

この牛さんは肉付きが良すぎます。

基本ステータス

体力: 650 → 610

(1) 圧砕

ノックアップ半径: 300 → 275
ダメージ: 60/120/180/240 → 60/110/160/210

アムム 弱体化

アムムは勝率の許容範囲が一線を越えてしまっているので、彼の核となるステータスを少し低下させます。

基本ステータス

物理防御: 40 → 35
レベルアップごとの体力: 105/レベル → 95/レベル

(2) めそめそ

ダメージの魔力反映率: 魔力100ごとに1% → 魔力100ごとに0.75%

(Ult) めそめそミイラの呪い

クールダウン: 100/85/70秒 → 110/95/80秒

ドクター・ムンド 弱体化

ムンドのジャングルでの存在感が徐々に大きくなってきています。

(1) ホウチョウ

モンスターに対する最大ダメージ: 320/380/440/500 → 290/360/430/500

(3) マゾヒズム

クールダウン: 6/5/4/3秒 → 6/5.5/5/4.5秒

ジン 弱体化

ジンのPvEのパワーを低下させ、相手チャンピオンと効果的にトレードさせて、テンポでレーンブリーになることができないようにします

Tuning down some of Jhin’s PvE power to keep him from lane bullying through tempo as opposed to finding good trades with his champ opponents.

(3) 「女神の抱擁」

チャンピオン以外には与えるダメージが65%になりました

※管理人の補足:PvEとは、プレイヤー対環境 (Player vs Environment) のこと。意味が分かりにくいが、「ジンのPvEのパワー(Jhin’s PvE power)」とは、敵チャンピオン(敵プレイヤー)以外への影響力、例えばミニオン処理能力などを指しているものと考えられる。要は3スキルによるジンのミニオン処理能力が高すぎると言いたいのだろう。

※管理人の補足:bullyとは、「(弱い者・小さい者をいじめる)いじめっ子、がき大将」という意味。詳細 「レーンブリー」とは、「レーン強者」、「レーンのいじめっ子」くらいの意味。

オリアナ 弱体化

全体的な弱体化は行われているものの、いずれ発生しそうなミッドレーンにおけるロボットの反乱を食い止めるために、オリアナのレーンブリー性能に弱体化を行います。

基本ステータス

体力: 570 → 530

(1) オーダー: 攻撃

クールダウン: 6/5/4/3秒 → 7.5/6/4.5/3秒
魔力反映率: 0.5 → 0.4
基本ダメージ: 60/100/140/180 → 50/90/130/170

(3) オーダー: 防御

基本ダメージ: 60/100/140/180 → 50/90/130/170

ティーモ 弱体化

ティーモは高スキルレベル帯ではバランスが取れていますが、低いランクでは強過ぎる状態です。位置取りが悪くなったときの挽回策としてプレイヤーが頼りにしがちな、彼の脱出能力を低下させます。

(3) やぶからヨードル

カモフラージュ詠唱時間: 0.8秒 → 1秒

新たなアイテム(装備)

主にタンクを対象とした大規模なアイテムのアップデートを実施して、使用されるアイテムの多様性を高め、アイコンをPC版LoLのものに近づけます。これらのアップデートの詳細については、パッチ2.2のアイテムのプレビューをご覧ください。

[NEW] 自然の力

「アダプティブヘルム」に代わって「自然の力」が登場します。やっかいなメイジにまとわりつかれた際におすすめの魔法防御系アイテムです。

体力: 350
魔法防御: 45
トータルコスト: 2850G
スペクター カウル(1100G) + 翼のムーンプレート(900G) + 950G
自動効果 – 嵐: 移動速度 +5%
自動効果 – 吸収: スキルダメージを受けると5秒間、移動速度が6、魔法防御が6増加する。最大5回までスタックし、移動速度が30、魔法防御が30まで増加する。スキル1つごとにスタックを1つ獲得する。

[NEW] フローズン ハート

「フローズン ハート」のオーラで周囲の敵の攻撃速度を低下させて味方チームを守りましょう。

物理防御: 70
マナ: 300
スキルヘイスト: 20
トータルコスト: 2850G
ワーデンメイル(1050G) + グレイシャル シュラウド(1000G) + 800G
自動効果 – 冬の抱擁: 周囲の敵の攻撃速度を15%低下させる。

[NEW] 翼のムーンプレート

「翼のムーンプレート」は「デッドマン プレート」の新たな素材アイテムです。タンクの皆さん。エンゲージの時間です。

体力: 150
自動効果 – フライト: 移動速度 +5%
トータルコスト: 900G
ルビー クリスタル(500G) + 400G

既存アイテム(装備)の変更

サファイア クリスタル

「サファイア クリスタル」はマナ消費が多いチャンピオンにおすすめのアイテムで、マナチャージの自動効果が引き継がれているので、「女神の涙」のスタック獲得を早めに始められます。

マナ: 300 → 100
[NEW] スキルヘイスト: 5
[NEW] 自動効果 – マナチャージ: スキルを使用するごとに最大マナが5増加する。最大250まで12秒ごとに3回まで発動する。
コスト: 500G (変更なし)

女神の涙

[NEW] スキルヘイスト: 10
自動効果 – マナチャージ: チャージごとのマナ: 8 → 7
[NEW] 自動効果 – マナチャージ: 「サファイア クリスタル」のマナチャージで獲得したマナが「女神の涙」に引き継がれるため、「女神の涙」を最大250マナまでスタックさせた状態から始められます。

冬の訪れ

「冬の訪れ」と「フィンブルウィンター」がリワークされて、体力/マナ/スキルヘイストのアイテムになりました。行動妨害が得意なチャンピオン向きです!

[NEW] 体力: 350
[削除] 物理防御: 40
マナ: 450 → 500 (「サファイア クリスタル」の最大350により)
スキルヘイスト: 10
トータルコスト: 2600G
女神の涙(900G) + ジャイアント ベルト(1000G) + 700G
[NEW] 自動効果 – 畏怖: 最大マナの1%にあたるスキルヘイストを獲得する。マナを消費すると、その15%分のマナを回復する。
[NEW] 自動効果 – マナチャージ: 通常攻撃やマナの消費、あるいはチャンピオンやエピックモンスター、タワーからのダメージによって最大マナが8増加する。増加マナが上限の700に到達すると、「冬の訪れ」が「フィンブルウィンター」に変化する。12秒ごとに3回まで発動する。「女神の涙」系アイテムは同時に1個しか所持できない。

フィンブルウィンター

[NEW] 体力: 350
[削除] 物理防御: 40
マナ: 1150 → 1200 (「サファイアクリスタル」の最大350により)
スキルヘイスト: 10
トータルコスト: 2600G
女神の涙(900G) + ジャイアント ベルト(1000G) + 700G
[NEW] 自動効果 – 畏怖: 最大マナの1%にあたるスキルヘイストを獲得する。マナを消費すると、その15%分のマナを回復する。
[NEW] 自動効果 – フローズンコロッサス: 敵チャンピオンに移動不能効果を与えると、マナを消費して3秒間シールドを獲得する。シールドは周囲の敵チャンピオン1体あたり150(+最大マナの5%)のダメージを吸収する。最大マナの20%以上のマナが残っていなければ発動しない。(クールダウン15秒)

※管理人の補足:移動不能効果とは?

マナムネとムラマナ

スキルヘイスト: 10 → 20(「女神の涙」で10獲得することにより)

シーン

マナを使用しないチャンピオンにとっても、シーンを有用な選択肢にします。この変更は「リッチ ベイン」、「トリニティ フォース」、「アイスボーン ガントレット」のビルドパスにも影響を与えます。

[削除] マナ: 300
コスト: 1100G → 900G
「サファイアクリスタル」から派生しないようになりました

リッチ ベイン

[削除] マナ: 300
トータルコスト: 3050G → 2950G
新たなビルドパス: シーン(900G) + エーテル ウィスプ(950G) + 1100G

トリニティ フォース

[削除] マナ: 300
トータルコスト: 3733G → 3533G
新たなビルドパス: シーン(900G) + スティンガー(1200G) + ファージ(1100G) + 333G

アイスボーン ガントレット

[削除] マナ: 300
トータルコスト: 2700G (変更なし)
合成コスト: 600G → 800G (シーンへの変更により)
新たなビルドパス: シーン(900G) + グレイシャル シュラウド(1000G) + 800G

デッドマン プレート

前述の通り、「デッドマン プレート」のビルドパスが新しくなって、スピーディーなエンゲージが可能なタンク用アイテムになります。

[NEW] 自動効果 – 執拗: 移動速度 +5%
トータルコスト: 2900G (変更なし)
新たなビルドパス: 翼のムーンプレート(900G) + チェイン ベスト(1000G) + 1000G

ソーンメイル

「重傷」の適用は「ソーンメイル」の購入後にタンクのコントロールが効かなくなり過ぎていたので、これによって必要なときにデバフを適用する手段が増加するでしょう。

[調整] 自動効果 – 棘: 通常攻撃を受けると、25(+増加物理防御の10%)の魔法ダメージを攻撃者に跳ね返し、さらに攻撃者に3秒間「重傷」を与える。敵チャンピオンに移動不能効果を与えると3秒間「重傷」を付与する。

※管理人の補足:移動不能効果とは?

サンファイア イージス

美しい蝶々と同じように、「サンファイア・ケープ」は「サンファイア イージス」へと進化します。PC版のものとワイルドリフトのものではいくつか注目すべき違いが存在します。ワイルドリフのバージョンはミシックアイテムではないので、ミシックの自動効果がありません。また、このバージョンは体力とスキルヘイストのみで、多くのタンク用のステータスが失われています。「サンファイア イージス」は少しでもダメージを増やしたいときにおすすめのタンク用アイテムとなっています。

体力: 400 → 500
[削除] 物理防御: 40
[NEW] スキルヘイスト: 15
トータルコスト: 3000G
バミ シンダー(1100G) + キンドルジェム(1000G) + 900G
[ADJUSTED] 自動効果 – 猛火: 周囲の敵に毎秒16-30(+増加体力の1%)の魔法ダメージを与える。「猛火」でチャンピオンまたはエピックモンスターにダメージを与えると、そのダメージが5秒間8%増加する。この効果は最大6回までスタックする。「猛火」はミニオンとモンスターには50%の追加ダメージを与える。
自動効果 – 発火: 「猛火」のスタックが最大になると、通常攻撃が周囲の敵を燃やし、3秒間「猛火」のダメージを与える。「猛火」はミニオンとモンスターには150%のダメージを与える。

モータル リマインダー

合成コスト: 350G → 650G
トータルコスト: 2650G → 2950G

※管理人の補足:単純に値上げ。弱体化。

ランデュイン オーメン

物理防御: 50 → 55

ワーモグ アーマー

体力: 650 → 700

[削除] アダプティブヘルム

「アダプティブヘルム」は狙い通りの効果が出ておらず、その理想的な用途も明白ではないので、「自然の力」と入れ替えます。

システムの変更

攻撃速度

攻撃速度が上がった場合の計算方法を変更します。以前は複数の攻撃速度アイテムを購入すると攻撃フレームの短縮幅が減少しており、カイトと追跡が簡単になり過ぎていました。これに関してはマークスマンが最も大きな影響を受けると考えているので、この調整の結果を監視しておきます。

通常攻撃の発生時間への攻撃速度効果の反映率: 100% → 50%
発生時間 = 基本発生時間 / (1 + 攻撃速度) → 基本発生時間 / (1 + 攻撃速度 × 50%)

サモナースペル

ゴースト

ゴーストはほとんど使われていないので、PC版LoLと同じような調整を行います。ジンクスの「超エキサイティン!」と同じような感じで、キルまたはアシストを奪うと効果がリフレッシュされます!

効果時間: 6秒 → 8秒
バースト最高速度低下
バースト効果時間: 2秒 → 3秒
キルまたはアシストを奪うと効果時間が6秒増加し、スピードバーストが再適用される。

イグナイト

イグナイトの射程距離を短くします。これによって、よく考えなければ敵をキルできないようになり、相手は自分が燃やされる前に対抗するチャンスがあると感じられるようになるでしょう。

射程: 7 → 5.5

コミュニケーションとソーシャル

コミュニケーション

チームが連携を取りやすくなるように3つの新たなピンを追加しました。「敵がこの周辺の視界を得ています」で敵のワードを警告して、「集まろう」で集合して、「敵を見失った」でレーンの対面相手がギャンクに向かっているかもしれないことを知らせましょう(この目的でしか使われていないので—アイコンを変更しました。「?」マークさん、さようなら。ヘルメット兄貴よ永遠なれ)

ゲーム内の言動が理由で、あなたが報告したプレイヤーにペナルティが与えられた場合、それを伝えるメールを受け取れるようになります。今後のパッチで、ゲーム内でこの通知を受け取れるようにする方法を模索します。

複数の自動使用スロットに同じエモートを設定可能になりました。とても賢い選択ポロを連打してはいけない時などありませんので。

ソーシャル
ゲームへの招待

招待の通知が画面全体を埋め尽くすことはなくなりました。サイズが小さく、より友好的になって、クライアントの操作を邪魔しなくなります。承諾か辞退を選択するか、このゲームへの招待を右にスワイプすると非表示にできます。

すでに試合中のフレンドを招待したときのビジュアルを改善しました。

ソーシャルで共有

実績やワイルドパスの報酬をFacebookで、あるいは画像を直接ダウンロードすることでシェアできるようになりました。

対戦終了時画面

対戦終了時画面でしばらくそのままにしていて、フレンドのプレイ開始準備が整った場合は、ゲーム内で画面を閉じるように促されるようになりました。
対戦終了時画面でAFK(スマートフォンだから、AF…Phone?)と判定されたプレイヤーが示されるようになりました。

操作方法と設定

グラフィック

グラフィックのプリセット設定として、「パフォーマンス」、「グラフィック」、「カスタム」を新たに追加しました。

パフォーマンス: ゲーム内パフォーマンスを最適化し、ゲームがスムーズに感じられるようにグラフィックを犠牲にしてFPSと安定性のバランスを取ります。このモードでは最大FPSが約束される訳ではありません。お使いのスマートフォンによっては、ゲーム内の遅延のようなFPSの一時的な低下を感じる場合があります。

グラフィック: グラフィック品質を最適化し、高品質なビジュアルを実現するために、FPSを犠牲にしてグラフィック品質と安定性のバランスを取ります。コンテンツ制作におすすめです!

40、90、120の新たなFPSオプションを追加

40FPS: 多くのプレイヤーはデバイスの性能の限界までFPSを上げることを望んでいましたが、60FPSは不安定過ぎたので、高性能デバイスをお持ちの方のために折衷案を採用しました。

90FPS: ゲーム体験をさらにスムーズにしたい、リフレッシュレートの高いハイエンドデバイスをお持ちの方のための設定です。

120FPS(ベータ): 現時点では特定の機種でしか利用できません。オーバーヒートやパフォーマンス低下のリスクがあるので気を付けてご利用ください!

120HzモードはSamsung Galaxy S21 Range、Samsung Galaxy S20 Range、Samsung Galaxy Note 20、Samsung Tab S7 Range、OPPO Find X2、OnePlus 9 & OnePlus 9 Pro、OnePlus 8 & OnePlus 8 Pro、iPad Pro Range、Google Pixel 5、ASUS ROG Phone 2、Razer Phone 2で利用可能です。

デッドゾーン調整

スキルボタンのデッドゾーンを調整可能になりました。スキルを発動するには、このデッドゾーンの外までドラッグする必要があります。デッドゾーンが大きいほど、エイム時にスキルボタンを間違ってドラッグしてしまうことがなくなります。

移動スティック

移動スティックのセンターへの制約が理由で、最初に画面にタッチしたときに、ドラッグした方向とは逆方向に入力することが可能になっていました。これは経験の少ないプレイヤーにとってはフラストレーションになるので、移動スティックのセンターを画面の端に寄せることで、この現象の発生頻度を低下させます。

「移動スティックのタイプ – 追従」と同じように、最初にタッチした際に画面の端に近いところが中心になります

チュートリアルと新規プレイヤー

ワイルドリフトのアクションを素早く体験できるように初ログイン時のフローを変更して、ゲームの一部だけをダウンロードして、残りはバックグラウンドでダウンロードするようにしました。ログインする前に直ちに最初のチュートリアルが始まり、チュートリアル完了後に、ちょっとしたインタラクティブ体験で注目のチャンピオンについて学べるようになります。
これはパッチ2.2後に全プレイヤーに表示されるようになりますので、すでにご存知の場合はスキップしましょう。

新規プレイヤーのチュートリアル完了時に、直ちに通常のフリーチャンピオンが表示されることはなくなりました。代わりに、各役割やプレイスタイル、チャンピオンのテーマの印象を掴みやすいように厳選されたチャンピオンが表示されるようになりました。
取り上げられるチャンピオンはブラウム、エズリアル、フィオラ、グレイブス、ラックス、マルファイト、ミス・フォーチュン、ソナ、シン・ジャオ、ゼドです。

プレイヤーがレベル7に到達したら、通常のフリーチャンピオンが表示されるようになります。まったく異なるチャンピオンで連戦するリスクを低下させるために、プレイヤーがこのバケットに入れられる前に、ちゃんと“卒業”するまで待ちたいと思っています。
タワーの仕組みが分かりやすくなるように、チュートリアルの情報を追加しました。

その他

一部のタブレットでゲーム内のカメラの高さを上昇させました。

ブルーセンチネル、レッドブランブルバック、リフトスカトル復活するタイミングが分かりやすいようにマップにビジュアルを追加しました。これらが復活する直前にマップのグレーのアイコンが黄色に変わります。

ゲーム内でレーンの割り当てが分かりやすくなるようにビジュアルを追加しました。

タワーのアグロのビジュアルを改善しました。デンジャーゾーンの色が濃くなり、新規プレイヤーにとっても、どこまで進むとタワーのアグロを受けることになるのかが明確になります。

ゲーム内の名前を完全に非表示にするか、チャンピオン名に変更するオプションを追加しました。

コレクションページのマルファイトの3Dモデルの背景のテーマがイシュタルになりました。

(ヨーロッパ&アジアのみ) 別のサーバーでプレイしていてもイベントミッションが進むようになりました。

一時的なパーソナライズコンテンツ(出撃エフェクトやホームガードの軌跡など)が用意されたイベントが装備メニューのイベントパネル内に表示されるようになりました。

パフォーマンスと遅延の問題への対処を継続

チャンピオン選択時にポジション(ソロレーン、ジャングルなど)で絞り込み表示できるようになりました。

App Store/Google Play ストアでコンテンツの払い戻しを行って、ワイルドリフトアカウントの残高がマイナスになった場合は、予防措置として一時的にアクセスが禁止されるようになりました。アクセスを復旧するにはプレイヤーサポートにお問い合わせください。

フリーチャンピオンローテーション

4月1日~4月7日: ダイアナ、エズリアル、グラガス、レオナ、ルル、ミス・フォーチュン、オラフ、オリアナ、パンテオン、トリンダメア

4月8日~4月14日: アーリ、アムム、ダリウス、ケネン、リー・シン、ナミ、ソナ、トリスターナ、ヴェイン、ヤスオ